読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

魚住日記

ロードバイクFELT F75に乗りながら、ヴィッセルを応援したり、漫画読んだり、ゲームしたり、写真撮ったりするブログ

2016年J1 15節 ヴィッセル神戸vsサンフレッチェ広島 所感と評価

ヴィッセル神戸

出先で結果を見たときは「広島相手に勝ち点1なら上等やな!」って思っていたのですが
帰宅してから録画を見ると「これ勝てたやろ・・・」という思いに変わりました。


試合結果

神戸 :1 (13')ペドロ ジュニオール
広島 :1 ( 3')ピーター ウタカ

 

両チームともお互いのチームの持ち味をいかに出すかを意識してゲームの流れを握ろうとしていましたね。
非常に見ごたえのあるゲームでした。

 

広島としては当たりまくっていたスンギュの好セーブに阻まれて追加点が取れず
また神戸としてはFW陣の決定力が無かった日でしたね。
こんな日もあると思いますが、スンギュの頑張りに応えてあげて欲しかったです。


1失点目:
セットプレーからフリーになったウタカにドンピシャヘディングを決められました。
とんでもないスピードのボールだったので、スンギュはノーチャンスです。
警戒しているはずなのに、相手のキーマンを簡単にフリーにしてしまう悪癖はいつになったら治るのか・・・
このセットプレーの弱さを改善すれば、もっと上を目指せるはずなんですがね・・・


1得点目:
サイドでフリーになった峻希からのクロスを千真がスルーして、フリーだったペドロがシュートを叩き込みました。
このゴールはペドロのテクニックも見所でしたが、チームが連動していておもしろいゴールでした。
広島側も良い守備をしてたのですが、このシーンでは何故かペドロをフリーにしてしまっていましたね。
ウタカもペドロもそうですが、これぐらいのレベルの選手になるとフリーではきっちり決めてくれますね。

 

良かったところ

完全体スンギュ

前節の鳥栖戦でもそうでしたが、相手との一対一でもうどうしようもない状態でもセーブしてくれる姿がほんまにかっこよすぎです。
あの守備範囲の広さと判断の早さはもう神戸のノイアーと言ってもいいでしょう(言いすぎ?)
今年はスンギュのお陰でかなりの勝ち点を拾えています。
将来間違いなく海外に行くことになると思うので、スンギュがいてくれるうちにタイトルを獲得して欲しいです。


雄大がフィットしてきた?
ナビスコでは持ち味を出せていた雄大でしたが、遂にリーグ戦でもフィットしてきているように思えます。
広島の攻撃のキーマンである柏をほぼ完璧にシャットアウトしていました。
ドリブルに対してもきっちり粘って付いていっていましたし、左サイドは制圧できていたと思います。

 

ただネルシーニョにも言われたようですが、攻撃でももう少し良さを出せるようになって欲しいですね。
精度の高いクロスを蹴れるのですが、利き足である左を切られてしまうと何もできなくなるのが厳しいですね。
現状では利き足さえケアすればバックパスに逃げるということがバレてしまっているので、攻撃で貢献ができていません。

フリーで受けれるようにポジションに気を使うか、抜ききらなくてもクロスを上げることができるようになると
さらにステップアップできると思います。


ペドロの頑張り
ドリブルは相手選手に引っかかりまくりでしたし、パスの判断が遅いこともありましたが
きちんと1ゴールという結果を出しています。

ただ何よりこの試合でペドロは広島の心臓である青山をマークするというタスクをきちんとこなしていたことを評価したいです。
守備が特別上手いわけではないので完璧ではなかったですが、少なくとも真ん中を切り裂くようなパスを出させないようにケアできていました。
これで決定機を決めていれば間違いなくMOMだったんですがね(笑)
ただ、ペドロも間違いなく進化していることに気付けた試合となりました。

 

もうちょっと頑張って欲しいところ

守備の不安定さ
セットプレーのときに相手をフリーにしてしまうというのは絶対に改善しないといけないです。

あとは飛び込んで守備をしたときに簡単に入れ替わられてしまうのも危険ですよね。
ウタカが上手いというのもありますが、ひやりとすることが多々ありました。
ここは個人の能力にも起因するところなので、すぐに改善とはいかないですが
意識してプレーをして欲しいです。

 

最後に

前半戦は残り鹿島と浦和となります。
どちらも強豪であり、優勝争いに絡んでいてモチベーションも高いので一筋縄ではいかないと思います。
ただ広島戦のようにハードに戦い、神戸の良さを出せるようにすれば勝ち点を取れるのではないかと思います。
ケージローもそろそろ戻ってくるという噂ですし、残り2節期待したいですね。