読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

魚住日記

ロードバイクFELT F75に乗りながら、ヴィッセルを応援したり、漫画読んだり、ゲームしたり、写真撮ったりするブログ

天皇杯4回戦 ヴィッセル神戸vs横浜Fマリノス 所感

ヴィッセル神戸

見てて胃が痛くなりましたが勝ちました。

勝てば官軍!結果が全て!!準々決勝進出めでたい!!!

 

前半

練習試合かな?というぐらい攻め込まれていました。

セカンドボールは拾われまくり、運動量も少なく

フィジカルも負けまくりと、いいところ無しでした。

そんな中、若手の藤谷と前田はよく頑張っていましたね。

 

最後まで見て結果が分かってるから言える事なんですが、これもネルシーニョ監督のプランだったのかな?と思います。

いくらFマリノスが全力で当たってきていたとはいえ、タイトル獲得の可能性が天皇杯しか残されていない神戸があそこまで省エネ受身になるのは不思議です。

前半はマリノスが全力で来るだろうから、不細工なプレーでもなんとか無失点でしのぐ+あわよくばペドロジュニオールの1発で先制したい。

こんな意図が見えました。

 

まぁペドロは病み上がりということもあって100%のパフォーマンスじゃなかったので厳しかったようですが。

 

後半

前半とうって変わってという試合展開でした。

ネルシーニョ監督になってから、こういうことが多くて見てて楽しいです。

もちろん「なんじゃそりゃ!?」みたいな交代策で失敗することもありますが、なんらかの展開を動かそうとする意図が見えるのはおもしろいです。

 

マリノスの選手が疲弊してきたことと、試合で効いてた藤本選手と天野選手が交代でベンチに下がったことが非常に大きかったですね。

 

ゴールは森岡の個人技から。

この日の森岡はキレキレでした。

あのタイミングでペナルティエリア内に切れ込んで、DFを3人剥がしてシュートできるセンスってすごいですね。

かっこよすぎでした!

 

あと個人的に良かったなーと思うのは、田中英雄選手と前田選手。

二人とも攻守できっちり走って、ガツガツ当たってましたね。

特にゴールを取った後の時間帯の守備は素晴らしかった!

相手の前へのパスコースをきっちり消して、危険なエリアにボールが入ってきたらガッツリ当たってボール奪取してました。

中村俊輔選手に気持ちよくプレーさせなかったというのが非常に大きかったですね。

 

山形戦、松本戦と調子を上げてきていた田中英雄選手がこの試合でも輝いていましたね。

スタジアムで観戦してても、最近は交代で入ってくると「ヒデかー。大丈夫かなー?」みたいな声もチラホラ聞こえてきていましたが、それでもいいプレーをするとみんな「ヒデ!ヒデ!!」と声を上げてしまうという不思議な魅力の選手(笑)

この試合ではいい時のヒデでした!

 

まとめ

12年ぶりの天皇杯ベスト8!

今年はナビスコも初の準決勝に進んだり、リーグではよい成績を残せませんでしたが

総合して見ると結構良かったんではないかな?と思います。

 

来週のリーグ最終節はきっちり現地で応援してきます!