読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

魚住日記

ロードバイクFELT F75に乗りながら、ヴィッセルを応援したり、漫画読んだり、ゲームしたり、写真撮ったりするブログ

2016年J1 17節 ヴィッセル神戸vs浦和レッズ 所感と評価と観戦記

ひどすぎる敗戦。
伊野波のコメントはかなりマイルドに書かれてたけど、内心ではもっと思うことがいっぱいあるやろなぁ。


観戦記

埼玉スタジアムに行くのは昨年の最終節以来となります。
たしか家から1時間ぐらいでいけたよなーって余裕をぶっこいでいたら予想以上に時間がかかって
スタジアムに着いたのはキックオフ直前でした。

 

なんかアウェイゴール裏の人数がいつもより少なかった気がするけど気のせいかな?
まぁ天気も悪かったしなぁ。

 

試合終了後はセカセカと早歩きで早々にスタジアムを脱出しました。
なんとか白金高輪行きの始発電車で座席も確保できたので、落ち込んだ心を癒しながら帰りました。
なんかここ数年埼スタから帰るときは、落ち込んでばっかりのような気がするわ。


試合結果

神戸 :1 (48')レアンドロ
浦和 :3 (34')(45'+1)興梠 慎三 (85')梅崎 司

 

中二日の上、槙野が累積で欠場という厳しい状態の浦和でしたが
蓋を開けてみれば神戸よりも走行距離が多く圧勝という結果となりました。

別に走行距離が多いのが正義とは言わんけどね。
走らんでも勝てるぐらい上手いメンバーがそろってんのか?と。
中二日の相手に走り負けるってどないなってんねん。


1失点目:
これはスンギュが可愛そうやったなぁ。
まぁあのクロスボールに競りにいって負けてしまったんは残念やけど、
ちょっと距離があるところに後から飛んで競りに行かざるを得なかったので負けるんは仕方ないなと思います。

それよりも相手FWが2人ともオフサイドにもかからずにDFの裏にフリーでいれることがおかしいでしょ。
相馬さんがフラフラしててオフサイドトラップが失敗したようですが。
相馬はこのほかにも危険な位置で簡単にファウルしてFKを与えたり、やはり守備面は不安定ですね・・・


2失点目:
これもスンギュはノーチャンス。
あの状況で興梠がなぜフリーになっていたのか。ボランチはなぜチェックできていなかったのか。
エリア内で一人浮いてたクニですが、なぜ体を投げ出してパスをきらなかったのか。
なぜなぜばっかり浮かびますが、それぐらいひどい失点でした。


1得点目:
後半開始直後は完全に神戸の時間帯でした。
藤田のロングスローに西川が対応できておらず、少しあたふたしている時間帯が多かったです。
その中でなんとかレアンドロがねじ込みました。
この後もイケイケの時間帯が続いていたのですが、そこで決め切れなかったのが敗戦につながりましたね。
こういうところが上位陣との違いだと思います。


3失点目:
PKを決められて終了。
スンギュはコースを読んでいましたが、ちょっと届きませんでしたね。残念。

それにしても三原はなんで手を上げてブロックするかね?そんなん基礎の基礎やん。
三原致命的なミスを犯しすぎです。
三原が躍動していた時期もあったんですがね・・・

川崎戦でありえないファウルでPK献上。
そして今回もありえないファウルでPK献上。
ちょっとねー 失点につながるミスが多すぎるのはあかんと思うよ。

 

良かったところ

スンギュの頑張り
って言っても3失点してるからね。諸手を挙げてほめることはできんけど。
それでもいくつかファインセーブはあったし攻撃につながるフィードもあった。
現状DFラインからの攻撃組み立てが期待できない中、スンギュのフィードセンスは欠かすことのできない攻撃オプションです。
スンギュの心が切れないように、DF陣は奮闘してほしいですね。

 

小林、松村の守備意識
二人とも守備意識が向上していました。
特に松村。柏戦のちんたらを怒られたのかサイドバックか!?っていうぐらいのがっつり守備を見せてくれました。
ただプレスするだけではなく、きっちりボールを奪いきってくれていました。

ただその代わり攻撃が停滞してたなぁ。
裏に抜けたいのか、一旦ボールがほしいのか、松村の意識が見えないポジション取りでしたので
峻希もなかなかパスが出せず、右サイドが詰まってしまっていました。
この辺はもう少し気にしてほしいなぁ。

 

もうちょっと頑張って欲しいところ

全部
って言ってもたらほんまに身も蓋もないねんけど、
あまりにも希望がなさ過ぎるゲーム内容でした。
攻撃陣の連動性も足らず、守備陣は崩壊してるし。

 

控え選手たち
浦和の交代で出てきた選手たち「ズラタン」「青木 拓矢」「梅崎 司」。
こんなんすごすぎるわ。これでまだ石原とか高木とかが控えてるねんで。

神戸もじゃんじゃんいい選手取ろうぜ!!ってことを言いたいわけではなく
控え選手たちはもっと奮起して欲しい。
本来であればスタメンで出てるメンバーを控えに回すために獲得した選手たちのはずなのに
結局今までと同じようなメンバーがレギュラーとして出てるのはそういうこと。

特に前目の選手なんか今は猛烈なチャンスのはずやねんけどなぁ。
千真がほんまに洒落ならんレベルで疲労が溜まってるから、石津あたりに奮起してもらいたいねんけども・・・
頼むわ・・・

 

最後に

前半戦が終了。例年通りの順位に納まりながら、さらにチーム状況は下向きの状態で後半戦に突入です。
特に中断を迎えることなく、後半戦が始まるというスケジュールに疑問もありますがね・・・

7月波は甲府鳥栖、湘南というJ1残留のためには絶対に勝っておかないといけないチームとの試合があります。
相手チームも神戸に対しては勝ち星を計算してるでしょう。そこはお互い様です。
ここで勝ち星を落としまくることがあれば、ちょっと厳しい結果に近付くかもしれませんね。

補強したニウトンも、そんなすぐにフィットするとは思えないですし、岩波の復帰もまだ。
けーじろうに至っては情報がなさ過ぎて心配になってきます。

こんな状態ですが、なんとか1つずつ勝利を目指して頑張ってほしいです。