読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

魚住日記

ロードバイクFELT F75に乗りながら、ヴィッセルを応援したり、漫画読んだり、ゲームしたり、写真撮ったりするブログ

ヴィッセル神戸の各ポジション戦力評価[GK/DF][2016シーズン]

ヴィッセル神戸

開幕戦が来週末と迫りましたね。

さすがに補強は終了だと思いますので、今年も戦力評価をしたいと思います。

(結局外国人枠は1つ空けたまま・・・  夏に補強でしょうか?)

 

ゴールキーパー

18 キム スンギュ KIM Seung Gyu [新規加入]

21 松澤 香輝 Koki MATSUZAWA

22 山本 海人 Kaito YAMAMOTO

30 徳重 健太 Kenta TOKUSHIGE

今季はこの4人となります。(吉丸は大分トリニータにレンタル)

 

▼現時点での序列予想

キム>>山本>徳重>>>(吉丸)>松澤

間違いなくキムスンギュが頭一つ抜けた存在だと思います。(というかそうじゃないと補強の意味がないです)

いぶきの森でも反応の速さと守備範囲の広さを見せてくれていたようです。

 

続いて山本と徳重が続きます。

J1レベルのGKが控えにもいてくれるというのは非常に心強いですね。

この二人も控えに甘んじているレベルの選手ではないし意識も高いので、3人が切磋琢磨して猛烈アピールをしてくれることが期待できます。

 

松澤はまずステップアップリーグに出場してアピールをするところからですね。

さすがに上記3人に割って入るのは厳しいと思います。

大分にレンタルされている吉丸とどちらが良い経験を積めるかで今後が決まりそうな1年です。

 

▼懸念点

スンギュのパフォーマンスに左右されるという不安はありますね。

前評判通りの選手であれば活躍間違いなしと思いますが、言語的な問題で守備陣との意思疎通に苦労するようであれば慣れてくるまでパフォーマンスが安定しない可能性もあります。

ただそうなった場合は山本も徳重もいるのでどうにかはなると思うんですがね。

 

▼評価

現役韓国代表GKがいて、J1正GK経験豊富な選手が2人いるというのはかなり豪華です。

控えに山本、徳重レベルのGKを置けているクラブはJ1でも早々ないでしょう。

層の厚さは問題なく、後は個々のクオリティとなってきます。

 

GKの評価:S 

 

センターバック

4   北本 久仁衛 Kunie KITAMOTO

5   岩波 拓也 Takuya IWANAMI

8   高橋 祥平 Shohei TAKAHASHI

25 東 隼也 Junya HIGASHI  [新規加入]

33 村松 大輔 Taisuke MURAMATSU  [新規加入]

39 伊野波 雅彦 Masahiko INOHA  [新規加入]

 

▼現時点での序列予想

伊野波>>高橋=岩波=(村松)>>北本>>>東

伊野波はディフェンスリーダーとしての役割を期待されての獲得だと思いますので序列1位です。

この前の伊野波獲得の日記でも書きましたが、経験もあってディフェンスとしての能力全てを高いレベルで持っている選手です。

 

高橋は出足の鋭い守備とタイミングの良い上がり、そして謎の得点力が魅力です。

昔は素行が悪いと言われてましたが、今では良い意味で気持ちが熱い選手です!

五輪で岩波が抜けるので、その間は高橋が伊野波の相方になるのはほぼ確定でしょう。

 

岩波は本人もメディアに答えていましたが安定感を手に入れるよう頑張ってほしいです。

五輪代表でも認められている守備力と足元のテクニックそして視野の広さは一級品です。

安定感が出てくるとさらに飛躍できると思います。

 

▼懸念点

層の薄さが心配です。

もし監督が村松をMF起用で考えていた場合、CBは5人となります。

五輪で岩波が抜けることも考えると3バックは厳しいんじゃないでしょうか?

 

▼評価

足元テクのある伊野波、高橋、岩波の3人がいることで最終ラインでのパス回しに安定感も出るでしょうし、ビルドアップも期待できます。

(ただそうなってくると北本の使い方というのが難しくなってくるのですが・・・)

怪我人無しで1年間戦えるなら非常におもしろいメンツが揃っています。

ただ層の薄さということも加味して下記の評価となりました。

 

CBの評価:A-

 

サイドバック

2 田中 雄大 Yudai TANAKA  [新規加入]

3 相馬 崇人 Takahito SOMA

6 高橋 峻希 Shunki TAKAHASHI

26  山口 真司 Shinji YAMAGUCHI

34  藤谷 壮 So FUJITANI

 

▼現時点での序列予想

左:相馬>田中>>山口

右:高橋>>藤谷

左は変わらず相馬がファーストチョイスでしょう。この人がいると攻撃にバリエーションが出ますし、なにより「これが勝負ってもんじゃ!」というグイグイいくプレーで味方を鼓舞してくれます。守備で穴を開けることが多いのとケガがちという点だけが不安材料ですね。

新加入の田中も期待ですね。パワフルなプレーとクロスが持ち味の選手なので相馬とは違った意味で攻撃に幅が出そうです。

山口も昨年公式戦デビュー済みでアシストもしていますからね。

ちょっと線の細さも感じますが期待できます。

 

右は高橋がファーストチョイスです。ケガから復帰した後は、ちょっとバランスを取るようなプレーが増えていたので2015上期のように積極的に裏を狙ってゴールも狙ってほしいですね。

藤谷も昨年デビュー済みです。

J1でもスピードが通用することはわかったので、それ以外のクオリティアップを期待したいです。

 

▼懸念点

こちらも層の薄さが心配です。

昨年みたいに相馬も高橋もケガってなると、もうエライことですよ!

しかもケガしやすいポジションやし(笑)

ケガだけはせんといてくれー!と神頼みしながらの応援になりそうですね。

 

▼評価

層の薄さ、これに尽きます。

それぞれ魅力的なプレースタイルを持ってて非常に期待はしているのですが、なにぶん試合観戦していてヒヤヒヤしそうなのが不安ですね。

 

SBの評価:B+

 

 

とりあえず今週末のPSM岐阜戦が楽しみです。