読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

魚住日記

ロードバイクFELT F75に乗りながら、ヴィッセルを応援したり、漫画読んだり、ゲームしたり、写真撮ったりするブログ

はじめてのヒルクライム!達成感と不安

自転車

ゴールデンウィーク筑波山に行ってきました。

初めてのヒルクライムということで、そこまで難易度が高くないとネットで見かけた筑波山です。

輪行

さすがに家から自走は辛いので輪行です。
秋葉原からTXに乗れば1時間ほどで終点のつくば駅に着きます。
車内は空いているので、自転車を置いても迷惑にならず良い感じです。
GWにも関わらずあのガラガラっぷりはちょっと心配にもなるレベルやけども(笑)

練習した甲斐もあって問題なく輪行できました。

 

筑波山へGO

つくば駅から筑波山のふもとまでは約10kmぐらいです。
つくば大学の前を通ってビューンと北上します。
交通量も多くないですし信号も少ないのでめちゃくちゃ気持ちいいです。

f:id:uozumi14hiko:20160510223645j:plain

途中からは田んぼの中を突っ切るようにして進みます。
めちゃくちゃ快調!
35km巡航で気持ちよくグイグイ走ります。

このとき追い風だったことが後に地獄へと変わります・・・


いざヒルクライム

コースは不動峠~風返し峠~つつじヶ丘です。

 

まずは不動峠
約4kmほどを延々と登っていきます。
平坦も下りもないのでほんまに一心不乱にインナーローでくるくる回します。

2kmほど登ったとこで早くも後悔をしはじめる・・・
時速8kmほどでだらだら登る横を颯爽と抜いていく他のローディの方々。
僕も練習をすれば同じように登れるようになるんだろうか?

3km地点では背筋が攣るという初めての現象に遭遇。
おそらくリュックを背負ってたから、変なところに力が入ってたんやろなぁ。

そして不動峠のゴール近くに最後のきつい坂が・・・
勾配10%超えってこんなにきついねんなぁ・・・

背筋を攣ったときに足をついてしまい、目標未達成。

 

不動峠~風返し峠。
ここでちょっと迷いました。

stravaに保存していたコースでは表筑波スカイラインという道路を通るようになっているのですが、
実際に行ってみると走り屋らしき車がブオンブオン言わせながら猛スピードで走っていて「二輪車走行禁止」の看板があります。
あれ? これ走れへんのか?とフラフラしていると若いお兄さんが声をかけてくれました。
「二輪車はバイクってことなので自転車はOKですよ!この道であってます!」
あ、そらそうか!とアホ面をさらしながらお兄さんにお礼を言って再出発!ありがとうございました。

 

ここは下りや平坦もちょこちょこあるので結構気持ちよく上れました。
ただ奥さんは「車のスピードがめっちゃ早いし、カーブでキュキュキュっていう音させながら回ってくるのが怖い」って言ってました。
確かにスピードは速いけど、みんな運転上手いからかロードバイクからきっちり距離を開けて走ってくれていたのでそこまで恐怖感は感じんかったかなー
まぁスピード差があるので怖い人は怖いやろなぁ。

 f:id:uozumi14hiko:20160510223628j:plain

そして最後は風返し峠~つつじヶ丘。
ここがめちゃくちゃきつかった。
景色がいいので精神的には楽やねんけど、足がもうパンパン!
途中から押し歩きしてもたわ!

ゴールまでは約1時間25分かかりました。
早い人とかは1時間を余裕できってることを考えるとめちゃくちゃ遅いんやろなぁ。
頑張らんと。

頂上は景色もええし、山葡萄ソフトクリームがめちゃくちゃ美味しかった。
やっぱりご褒美は必要やね(笑)

f:id:uozumi14hiko:20160510223616j:plain

 

帰り

下りはほんまに気持ちがええねー
ビビリなのでブレーキ掛けまくりやったけどカーブ前でグイって減速して、加速しながらコーナーを曲がる感じは自転車を操ってる感が楽しい!


そしてつくば駅に戻るときが真の地獄。
自転車ごと飛ばされそうな強烈な向かい風が常時吹いてて、ほんまにきつかった。
下手したら10kmぐらいっていうヒルクライムのときと変わらんスピードで走ることに・・・
いやーほんまめちゃくちゃきつかったわ!
しかもずーーーっと直線やから精神的にも折れてくるという。


感想

達成感はすごい!!
気持ちの良い景色と空気を堪能できるしね。
虜になるみんなの気持ちも分かりました。
他にも景色がいい山を登ってみたいなぁ。

 

ただそれと同時に襲ってきたのは不安。
2週間後に控えたハルヒルで無事に完走できるのだろうか?
筑波山よりも榛名山のほうが難易度が高いと聞いているので不安です。

まぁ最悪押し歩きしたらええかな・・・

 

筑波山はまたリベンジします!
次回こそ足つき無しで!