読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

魚住日記

ロードバイクFELT F75に乗りながら、ヴィッセルを応援したり、漫画読んだり、ゲームしたり、写真撮ったりするブログ

ヴィッセル神戸の各ポジション戦力評価[CB編][2015シーズン]

キャンプの情報がfacebookなどで続々と入ってきてますね。
どうやら今年はハードに追い込んでいるようです。
北九州とのPSMで、どのようなサッカーを見せてくれるのか今からワクワクしますね。

それではセンターバックの戦力評価に移ります。



OUT

河本 裕之
[ →大宮/完全移籍 ]

コウモ…
この報道がされたときに、まさかという思いでいっぱいでした。
滝二からヴィッセルに入り、生粋の地元っ子として頑張ってくれてました。

29歳というCBとしては油が乗っている時期に、出場機会がなかなか得られないというのは
コウモにとっても苦しかったと思います。
そんな中、大宮から請われて移籍。
前回の期限付き移籍のときの大活躍が、大宮フロントの頭にも残っていたのだと思います。

2014年のNAC5スタジアムでの大宮戦。
この日ヴィッセルは快勝しました。
ゴール裏に最後の最後までペドロが来てチャントに応えてくれていたのを覚えています。
それでも一番記憶に残っているのは、大宮サポーターのコウモへの暖かい拍手です。
パラパラとした拍手ではなく、スタジアム全体からの拍手だったことに驚きました。
約半年の期限付き移籍であそこまで愛されるというのは、コウモの人柄やプレー姿勢が受け入れられたんだなと思います。

私はコウモの朴訥として飄々として、でもプレーは非常にガッツあふれる泥臭いところが大好きでした。
大宮に移籍しても応援します。
(NAC5スタジアムは都内からのアクセスも抜群で、非常に観戦しやすいスタジアムです。フラっと見に行けるのっていいですよね。)

IN

高橋 祥平
[ ←大宮/完全移籍 ]
そしてまるでトレードのように大宮から高橋祥平が移籍して来ました。

身長は180cmとそこまで大きくはありませんが、スピードがあって読みが鋭くボールを刈りにいける選手です。
昨年見ていたときは非常に攻撃的なCBだなぁと思っていました。(まさか今年移籍してくるとは思いもしてませんでしたが(笑))
足元の技術もあって視野も広そうなので、岩波と組んだときに後方からのダブルビルドアップの破壊力がどうなるか見てみたいですね。

あとは得点能力の高さが気になります。
J入りしてから無得点のシーズンが無いというのは素晴らしいと思います。
CBのゴールというのはシーズン1得点でも非常に貴重なものになります。
コウモもここぞというときには決めてくれていました。
昨シーズンは大宮で6得点と大爆発していたので、今年も継続してくれるのを期待しています。


上述の通り23歳という若さで、これだけの能力というのは素晴らしく、高い能力には疑いようがありません。
また彼の性格というのも特に問題はないと思います。
高橋の移籍が決まったときに、twitterで彼の素行のことが話題になっていました。
確かに少し気性が荒く過去にもいくつか挑発行為や審判への異議で退場になっています。
ただ、昨年3月に結婚したこともあり2014年は落ち着いてプレーできていたのではないかな?と思います。

東京生まれ東京育ち、昨年まで関東にいたので
初の関西暮らしで戸惑うこともあるかもしれませんが、ぜひ神戸のことを好きになって
溌剌としたプレーを見せてもらいたい思います。

総評価

これでセンターバックは増川・高橋・岩波・北本の4名となりました。
ケガが多いポジションなので4名というのは少し不安がありますが、バランスのよい構成になっていると思います。
今年のフロントの補強方針として、各ポジションに1人ずつスタメンクラスを入れて競争を激化させるというものがありましたが、CBはその方針に上手くはまっていると思います。
クニもベテランバックアッパーという地位に甘んじているわけではないと思うので発奮しているところを見たいです。

ネルシーニョのファーストチョイスとしては増川・高橋のコンビになるのではないかな?と考えています。
高橋が出足鋭く守備をし後方からのビルドアップも担当します。
増川は守備ラインの統率と最終ラインでのどっしりした守備を担当してくれると思います。
今年も空中戦での圧倒的な勝率を見せて欲しいです。
あと、今年は増川キャノンを一度は見てみたいですね。


岩波は正念の年になると思います。
キックの精度はJ1でも通用することが分かったと思いますが、やはり守備のところで対応が遅れたりスピードが足りないところが多々ありました。
今年は守備のレベルアップを図って、フル代表も目指して欲しいと思います。
本当に狙えると思います。

総合評価は
「A」とします。

徐々に足元に技術のあるCBが増えてきました。
今年はどんな守備を見せてくれるのか、今から非常に楽しみです。